週40時間の自由をつくる[超時間術](著・メンタリストDaiGo)を読んだ感想・レビュー

スポンサーリンク
ビジネス

週40時間の自由をつくる[超時間術](著・メンタリストDaiGo)を読んでの感想・レビュー!時間を作るってより不安解消本?


ドーモ!本を読んで紹介する屋さんぬま畑です!

はい、今日は読んだ本の感想をつらつら書いていこうと思います。

それがこちら!

週40時間の自由をつくる[超時間術](著・メンタリストDaiGo)

昨日今日かけて読んでみました。

スポンサーリンク

結論として

結論として、この本は『時間がないってのは勘違いであり、それは不安からくる焦り。その不安や焦りを払拭すれば時間が出来るよ!』ってことが書かれてます。

そう、この本は週40時間の自由な時間を作るってよりも不安を取り除くための本となっています。

色々とビジネス書を読み漁ってますけど、1ビジネス書としてはところどころで『ん?それできないのでは?これを読むための本(超集中力?)が必要じゃない?』と思いました。

おそらくDaiGoさんの前作?超集中力が必須ですね。

なのでこの本だけ見るとちょっと物足りなさを感じるのかもしれませんが、まぁその超集中力をあわせて読むとこの本は化けるかもしれないです。

因みにAmazonのレビューでは☆4.5でかなり良いってレビューだらけなのでおすすめですね。

感想

さて、この本には巷で溢れてるような時間術のテクニックが書かれてるわけではなく、世界中で集められた研究データをもとにDaiGoさんの視点で、この本を読んだ人の心理的にも物理的にも自由な時間を作れるようにしようと書かれた時間術の本となっております。

ぶっちゃけこれを読んで『週40時間の自由な時間』を作れるか?となると疑問が浮かびます。

それは何故か?

実は自由な時間を作ると書かれていると思いきやそうではなく、タイトルにも書いた通り『不安を解消する本』なんです。

ではこの本、疑問に思ったってことは面白くない内容なのか?っていいますと…全くそんなことはなく実は内容としてはすごく面白いんです!

まずは「はじめに」と「おわりに」がものすごく短い!

メンタリストDaiGo本人がyoutube等々で『この本の言う自由な時間を作るってうたってるので、ダラダラとはじめにとおわりにを長くせず短く終わらせてます』と言ってました。

世の中にあふれている色々な時間関連のビジネス本にはない潔さがあります(笑)

それと、現代人の食いつぶされてる時間を色んなデータを照らし合わせてバッサリ切るという冒頭での掴みも良いと思います。データの照らし合わせを行うので説得力もあります。

ただ…なんでしょうねー…本を読み進めるごとに具体例も書かれてて、更に具体的なテクニックも書かれているのですが、それをやって自由な時間が本当に生まれるの?って思ってしまうもどかしさが生まれます…

内容として面白いのに実際にやろうとする気力が起きる仕組みがこの本にはないんですよね…

まぁそりゃあ当たり前、なんせこの本は時間術の本なのでやる気を出す本は他にどうぞっていうことなのでしょう、ソレが本質ではないですからね。

とにかく、この本を要約すると…時間がないってのは勘違いだ!それは不安からくる焦り、その不安や焦りを払拭すれば時間が出来るよ!ってことが書かれています。

なのでこの本は不安や焦りをなくすべく出された本と言っても過言ではないですね。

なので時間術と言ってはいますが、実は不安解消本なのでは?って感じすかね。

うーん…時間への焦りってのは不安からくるものかもしれませんけど、ならその不安を取り除けば時間が出来るのかっていうと…『』ですね。

そこが引っかかるところなんですよね。

今の自分だとわからない…面白い本ではあるのですが、時間術としての本だとすると、星2つくらいかなって思います。※僕の勉強が足りないだけかも?

ただ、不安を解消したい!って場合には星5つの出来です!上でも書きましたが、具体例と具体的なテクニックが載っているので実践もしやすいのがかなり良いです。

自分としては中でも第2章のリフレーミング、第3章の○秒コースと短い○分コースが結構役に立つかと

先にも言いましたが時間をどうにかしたいのではなく、不安を解消したいって場合この本を手にとって見るのもいいかもしれません。


週40時間の自由をつくる[超時間術](著・メンタリストDaiGo)

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)しますので他の記事やレビューが見たいという方はフォローください!

↓↓↓↓↓



[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓


ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメント

タイトルとURLをコピーしました