【副業時代の幕開け】第5回:アフィリエイト記事の書き方がわかりません!→5W・3H・1Rを意識

スポンサーリンク
ビジネス

【副業時代の幕開け】第5回:アフィリエイト記事の書き方がわかりません!→5W・3H・1Rを意識


ドーモ!Webライティングの鬼、エバンジェリストぬま畑です!

前回同様、下記が概要ですのでご確認ください。

ネットで稼ぐならアフィリエイトということで、今勉強していることを大放出していきます。

結構長い講義をまとめていくので、このブログとしての講義が何回になるか分かりませんが、温かい目で見守って頂けると幸いです、最後までお付き合いくださいませm(_ _)m

それでは早速『アフィリエイト記事の書き方が分かりません』編、行ってみましょー!

スポンサーリンク

Q.アフィリエイト記事の書き方がわかりません

A.自分で体験したことを「5W・3H・1R」を意識しながら書けばOK!

5W・3H・1Rとは?

【5W】
Who(伝えたい人はどんな人か)
What(何に利用できるのか)
When(いつ使えるのか)
Were(どこで利用できるのか)
Why(なぜ必要なのか)
【3H】
How(どうやって利用するのか)
How Many(どれくらいの量なのか)
How Much(いくらか?)
【1R】
Result(その結果どうなったのか)

ユーザーに伝わるように「5W・3H・1R」を意識する

アフィリエイトの記事とはなんたるか?というと、「ユーザーに最良の情報を伝える」ということが最重要となります。

そのため文章力を磨くことは絶対に必要で、webライティングは必須スキルです。

最初のうちは慣れないでしょうが、まずは『5W・3H・1R』をしっかり意識することでわかり易い文章となるので試しましょう!

ユーザーが知りたいことを読みやすく書く!

アフィリエイトの基本中の基本が文章力であり、読み手(ユーザー)に伝わる文章でないとPV数は伸びません

そこで初心者が押さえておきたい文章を書くことのコツとしてが上記でお伝えした『5W・3H・1R』です。

誰・何・いつ・どこで・なぜ』の疑問と『どうやって・どれくらい・いくら』という方法、そして最後に『どうなった』という結果を意識することで、読みやすく訴求力(そきゅうりょく)のある文章が書けるようになります。

出来ることなら体験したことを書こう!

また、文章を書く時は、テーマに対して読者が感じるであろう疑問を想定し、それに回答することを意識するのが基本

なので自身が書きたいテーマについて、例えば物であればそれを実際に買ったり、旅行や遊園地などに行ったり、勉強なら実際にやってみた(てる)ことだったりと、自身で実際に『体験』したことを書くと良いです

そこで『5W・3H』という疑問を利用して、最後に『1R』で結果を書いてあげると文章により説得力が生まれるようになるので実際に体験したことを書くようにしましょう。

【まとめ】アフィリエイト記事の書き方
ユーザーに伝わるように『5W・3H・1R』を意識して書く!
知りたいことを読みやすく書く!
体験したことを『5W・3H・1R』で書いていく。
あとがき

いかがでしたでしょうか?

今回はアフィリエイト記事の書き方でした!

5W3H1Rは結構一般的に知られてることなんですがいざ自分自身で使おうとすると手が止まってしまうんですよね…(^_^;)

まずは『どんどん書く』ということを基本にすると良いですよね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)しますので食玩記事レビューが見たいという方はフォローください!

↓↓↓↓↓



[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓


ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメント

タイトルとURLをコピーしました