【映画】ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)をみた感想・レビュー『ぶっちゃけミッション・インポッシブルと言う名前でも問題ない作品、だからこそ最高!』

スポンサーリンク
レビュー・感想

【映画】ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)をみた感想・レビュー『ぶっちゃけミッション・インポッシブルと言う名前でも問題ない作品、だからこそ最高!』


ドーモ!ナイト&デイのタイトルをミッション・インポッシブルに変えても違和感ないことに気付いたぬま畑です!
※ミッション・インポッシブル~ナイト&デイ~みたいな
※まんまやんけ

はい、今日は【『映画』ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)】のお話。

この記事を読んで頂ければ、ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)の見どころやあらすじ、どんな人にオススメなのか?というのがわかります。

トム・クルーズとキャメロン・ディアスダブル主演のアクション映画『ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)』、それを見た感想を語っていきますので是非とも最後までご覧ください。

早速行きましょう!

スポンサーリンク

ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)の総合評価

まずは総合評価から、★5点満点中…

5.0点!!!!

最高得点!(゚∇゚ノノ”☆パチパチパチ!!!!

ストーリーにややこしいものは一切なく、最初から最後まで楽しんで見られる映画ですね!

アクション部分はトム・クルーズ担当って感じでふんだんに盛り込まれています!

なんと言ってもバニラ・スカイ以来のトム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演作品で、面白くないわけがない!

トム・クルーズとキャメロン・ディアスが好きな人は悪いことは言いません、とにかく見ましょう!!

ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)のあらすじ

さて、そんなナイト&デイ(KNIGHTandDAY)、前半のあらすじはwikiから抜粋。

理想の男性を追い求める平凡な女性ジューン・ヘイヴンスは、ある日、妹の結婚式に向かうためのウィチタ・ミッド・コンティエント空港でハンサムな男性、ロイ・ミラーと運命的な出会いを果たす。

機内で乗務員や乗客たちに襲われたロイは、パイロットまで殺してしまい、飛行機は不時着してしまう。

ロイに一目ぼれしたジューンだったが、ロイの正体はジューンが夢に見た理想の男性どころかCIA所属の超一流のスパイであり、そのCIAから追われているのであったのだ。

カーチェイスと銃撃戦の末に、ロイはジューンをCIAから救出するが、怖くなったジューンはロイから逃げ出し、ロドニーという昔の恋人に助けをもとめるが、ロイはロドニーに発砲して、手錠でジューンを拘束して強盗紛いのように車で連れ去る。

敵の狙いは、革命的な電池『ゼファー』。

街全体や大型潜水艦の電力を補うほどの膨大な永久エネルギーを生むその電池は、無限の可能性を持っていた。

ゼファーを発明したのは、高校を出たばかりのサイモンだったが、ロイの到着が遅れたために暗号を残して逃亡していた。

サイモンの倉庫で特殊部隊に襲われた二人だが、飛行機で逃亡する。

薬により眠らされたジューンが目覚めると、ロイの隠れ家の無人島にいた。

電話を逆探知されて、戦闘機によりミサイルの爆撃を受けた二人は、またしてもロイに気絶させられて小型ヘリで逃亡する。

目覚めるとカパール山中の列車で、凄腕の暗殺者を撃退した二人は、ゼファーの開発者であるサイモンと合流する。

ザルツブルクについた一行はホテルに宿泊するが、ジューンはロイをつけて武器商人アントニオの女との密談を聴く。

ロイを信じられなくなったジューンは、FBIにロイがジューンを利用していた事実を告げられ、FBIに協力することになる。

またしても特殊部隊に襲撃され、サイモンはCIAに拘束され、ロイは銃撃により川に落ちて行方不明になってしまう。

妹の結婚式に出席したジューンは、結婚祝のプレゼントにする予定だったポンティアック・GTOで、謎の場所「アマポーラ」に向かう。

そこには二度も高額懸賞に当たったという裕福な老夫婦がいて、その家にはロイの写真があったが、その写真の主である老夫妻の息子マシューはクウェートで亡くなったという。

武器商人アントニオと「偽の電池」で取引しようとしたジューンだったが、拘束されセビリアに移され、自白剤を打たれる。

危ないところにロイが現れ、バイクでカーチェイスをしながら銃撃戦をして、サイモンの乗った車を追跡する。

サイモンとも合流するが、撃たれて電池を奪われる。

サイモンはあの電池は失敗だったと告白し、その直後に電池を持ち去った飛行機もろとも爆発してしまう。

その後、ロイが目覚めるとなんと短パン姿で、ジューンと一緒にホーン岬に行くことになる。そして、老夫婦に南アメリカ ホーン岬行の旅行券が届き、ハッピーエンドで終わる。

出典:ナイト&デイwiki

これがあらすじです、全文は上記リンクからどうぞ。

ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)の見所・良かったところ

では、ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)の見所/良かったところを6つ紹介します。

カーチェイス後の撃ち合い

ロイ『あっちで話し合いをしてくる。』

行こうとするも…とどまり再度説明

ロイ『本当は撃ちに行くんだけど…』

この映画がアクション/【コメディ】となってる所のコメディ要素が随所に現れます(笑)

ジューンを連れ去るシーン


実は最後にジューンがロイを連れ去るんですが、ロイが今まで説明したことを違った形でジューンが再現します。

このシーンもその一つですね、君の寿命はここ、僕がいないとここ!僕と一緒にいる、いない。

銃の乱撃戦での一幕


ロイ『1、2の3で棚に移動だ、さて行くぞ!1…』

1で飛び出すジューン

ジューン『きゃああああ!!』

戻ってきて

ジューン『ごめんなさいパニクっちゃって…』

というジューンのというかキャメロン・ディアスおちゃめなシーンが見れます(笑)

この時のロイ(トム・クルーズ)の唖然とした顔にも注目!

隠れ家に行くときと隠れ家の一幕


先程紹介したロイが説明するシーン、これも一つです。

ロイ『ジューン、僕は…真っ暗闇の中で安全ピンとチョコミントだけで爆弾を解体する訓練を受けている。目をつぶって着替えさせるくらいは…簡単だ。実際に目つぶらなかったけどっ!?』

ってジューンがパンチを繰り出そうとします!

ここも面白いところ、是非ともチェック…にしても二人共良い身体してるわぁ。

最終決戦時のキス

このシーンも面白いところですね、自白剤打たれたジューンが暴走気味でロイに詰め寄ります!…ロイがジューンに翻弄されるのですが、ロイもジューンにほの字だった模様、キスで収拾(^_^;)

ジューンがロイを連れ去る

ここが実際のシーンですね!
今までの伏線回収…とはちょっと意味合いが違いますけど、ロイがジューンに言ってきた説明を今度は逆にジューンがロイにしていきます(笑)

ここも凄く良くて、ジューンが…要するにキャメロン・ディアスの可愛さが最も出ているシーンではないでしょうか?

ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)で印象に残ったシーン

そんなナイト&デイの印象に残ったシーンってのは色々とありますが、やはりここは最後のバイクでのチェイスですね!

二人共見せ所として満載であり最も印象に残ったシーンかなと思います。

その中でも特に印象的なのがロイの宜しくポーズ

そしてジューンの2丁拳銃

この2つは特に必見です!

ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)はこんなに人にオススメ!

アクション映画が好きな方は特におすすめの作品ですね。

冒頭でおふざけとして『ミッション・インポッシブルというタイトルでも~』って言いましたが、まさしくキャメロン・ディアスがミッション・インポッシブルに出ている作品って感じで、ミッション・インポッシブルシリーズを見ていてナイト&デイを見ていないのであれば是非とも見ていただきたい作品です!

あ、あとキャメロン・ディアスが兎に角可愛いです(笑)

ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)はプライムビデオで観れます!

ナイト&デイ(KNIGHTandDAY)はプライムビデオで観ることが可能です。

ただ、何故か字幕版は定額(見放題)で見れるのですが、吹き替えは定額に含まれておらず、レンタルで見ることになりますのでお気をつけください。

吹き替えでどうしても見たいという方は致し方ないですが、字幕で十分楽しめますのでここはおとなしく字幕で楽しみましょう!

あとがき

いかがでしたでしょうか?

僕の中でイチオシの映画です!

ただ…当時あまり人気が無かったらしく、トム・クルーズの人気が落ちてきたみたいな噂が流れたようです。
※wiki参照

まぁ2021年現在、現役バリバリでまだまだアクションをこなす俳優なので噂は噂であり、どうやら『その時のポスターのせい』で人気がなかった模様…

正直理由としてはうーんって感じですが、僕的には面白い映画なので是非ともチェックしていただきたいですね!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)しますので食玩記事レビューが見たいという方はフォローください!

↓↓↓↓↓



[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓


ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメント

タイトルとURLをコピーしました