【ガンダム食玩】アサルトキングダム第8弾【No.29~32】を開封した感想・レビュー

スポンサーリンク
ガンダムシリーズ
この記事は約10分で読めます。

【ガンダム食玩】アサルトキングダム第8弾【No.29~32】を開封した感想・レビュー


ドーモ!機動武闘伝Gガンダムの後半OP曲、「Trust You FoREVER」内の歌詞『ぶつかることで深く結びつく友情~♪』って…ぶつかってもフェードアウトしちゃうことがほぼなので経験したことがないから経験したいと思っているぬま畑です!

傷ついたことは無駄じゃないっ!!

機動武闘伝Gガンダム OP2 「Trust You Forever」 (ノンテロップ)

※悲しみに暮れている人が居たらそっと手を差し伸べてみましょう。

良い歌なので一度聞いてみてください。

それとは別に、分かる人には分かって分からない人には分からないことなのですが…OPのゴッドガンダムがゴッドフィンガーの放射攻撃するシーンがあるんですけど、本編とかガンダムゲーその他で見たこと無いんですが、あれってなんですかね?(笑)

…調べたら在りました(笑)

↓↓↓↓↓

wikiより抜粋
エネルギー放出(腕)
正式な技名は不明。
右腕から炎のエネルギーを放出する遠距離攻撃技。
ドラゴンガンダムに直撃したが、大きなダメージはなかった。

全文は→ゴッドガンダムwiki

はい、すみませんどうでもいい話を…m(_ _)m

さて。

始まりましたアサルトキングダムのお時間です。

アサルトキングダム(ASSAULTKINGDOM)とはなんぞ?って方は下記を。

ガンダムシリーズのリアル等身で造形された食玩である。
2013年3月:第1弾~2015年7月:第9弾まで販売されました。
(PB限定やEX枠は2017年3月で終了)
ガンダム食玩ポータル ASSAULT KINGDOM

前回のレビューはコチラ。

↓↓↓↓↓

【ガンダム食玩】アサルトキングダム第7弾【No.25~28】を開封した感想・レビュー!※ガンダムは最終決戦仕様に換装

今回は第8弾

No.29 スタービルドストライクガンダム
No.30 ビルドバーニングガンダム
No.31 リックドム
No.32 マスターガンダム

の4っつですね。

スポンサーリンク

箱(パッケージ)


機体解説

各機体解説はいつものようにwiki先生に委ねます。

スタービルドストライクガンダムの機体解説

GAT-X105B/ST スタービルドストライクガンダム

セイが世界大会用に製作した新型支援機「ユニバースブースター」と合体した姿。
ブースターが作り出す「プラフスキーパワーゲート」を潜ることで、プラフスキー粒子を光の翼状に放射させる「プラフスキーウイング」を展開可能。
展開状態では機体の機動性を飛躍的に高めるとともに、翼自体をビームサーベルのような斬撃兵器とすることもできる。
武装はバレルの延伸機構を持つ「スタービームライフル」、ユニバースブースター本体に接続された「スタービームキャノン」2門、敵のビームを吸収・貯蔵する「アブゾーブシールド」。
シールドから展開されるアームをライフルに接続し、貯蔵したエネルギーを送り込むことで砲撃力を高めることができる。
新機能として、シールドを介して敵のビーム(プラフスキー粒子)を本体に吸収する「アブソーブシステム」と、吸収した粒子を全面開放する「ディスチャージシステム」、粒子を機体の内部パーツに浸透させ、機体性能を極限まで強化する「RGシステム(ラジアル・ゼネラル・パーパス・システム)」を持つ。
この状態では機体の関節部とフレームが青白く発光し、絶大な破壊力をもつ「ビルドナックル」が使用可能となる。
巨大アリスタ破壊の際はビルドブースターMk-IIを装備し、タツヤとの真の決勝戦ではフェニーチェリナーシタの両腕、クロスボーン魔王のリフレクターミラーユニットとクロスボーンガン&ソードで損傷部分を応急修理する。

スタービルドストライクガンダムwiki

ビルドバーニングガンダム

BG-011B ビルドバーニングガンダム

カミキ・セカイの使用ガンプラ。
イオリ・セイが第11回世界大会後にスターバーニングを改修した機体で、ドムに偽装した姿で第7回世界大会優勝トロフィーの台座内部に隠されていた
バトル部の見学に訪れたセカイによって発見され、ライトニングとのバトル中に本来の姿を現す。
徒手での近接格闘を念頭に設計されており、いっさいの武装をもたない異色の機体。
それゆえに長・中距離での攻め手には欠けるが、セイの卓越した工作技術により、セカイの次元覇王流拳法の動きを完璧に再現する可動性能を備える。
火器類の宿命であるエネルギーや残弾数の制限がないため、継戦能力にも優れている。
内部フレームにはRGシステムの発展系が採用されており、機体各部の青いクリアパーツに貯蔵された粒子を一気に開放することで、次元覇王流の技の数々を使用できる。
その際はクリアパーツがオレンジ色に発光し、手足や背中から炎のようなエフェクトが現れる。
通常状態でもオーラ状の粒子を纏うことで相手の攻撃を弾いたり、ビームシールドのような防御膜を展開できる。
セカイがプールで特訓を積んだ結果、放出した粒子を足場とすることで宇宙空間でも地上のように高速移動することが可能で、優れた突進力を発揮する。
機体デザインは大河原邦男。
なお、「バーニングガンダム」という機名は『機動武闘伝Gガンダム』を英語圏で放送した際にゴッドガンダムの英称としても使われているが、これは偶然の一致であり、格闘型というコンセプトや劇中の演出で共通項が見出せるものの、両者の関連性はない。

ビルドバーニングガンダムwiki

リック・ドム

MS-09R リック・ドム

リック・ドム (RICK DOM) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。
人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ (MS)」のひとつ。
初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。

作中の敵側勢力であるジオン公国軍の陸戦用MS「ドム」を宇宙用に改修した量産機で、「リック」は「宇宙用」の意味をもつ。
小説版では主人公アムロ・レイのライバルであるシャア・アズナブルの搭乗機となっている。

リック・ドムwiki

マスターガンダム

GF13-001NHII マスターガンダム

マスターガンダムは、テレビアニメ『機動武闘伝Gガンダム』に登場する架空の兵器。
第13回ガンダムファイトで東方不敗マスター・アジアが搭乗するネオホンコン代表モビルファイター (MF)(大会登録番号:GF13-001NHII 〈注:番号末尾の「II」はローマ数字の2である〉)。
メカニックデザインはカトキハジメが担当。
ネオ・ホンコン製の最新鋭モビルファイターであり、クーロンガンダムの発展改良型。
機体はDG細胞で構成されており、クーロンガンダムへの偽装を可能としている。
機体はDG細胞で構成されているが、マスター・アジアの強靭な精神力によって完全に制御されているため、自己増殖と自己進化は行われず、自己再生のみにその能力が使用されている。
ガンダムファイトでの手続き上は、ネオホンコン代表ガンダムファイター(GF)である東方不敗マスター・アジアがクーロンガンダムから乗り換えた機体とされている。
デビルガンダム軍団に所属するデビルガンダム四天王の機体で、四機のガンダムの中ではリーダーとして扱われる。

マスターガンダムwiki

それでは開封レビューとして、武装/内容を見て行きます!

No.29 スタービルドストライクガンダム武装/内容

・スタービルドストライクガンダム本体×1
・スタービームライフル×1
・ビームサーベル×1
・スタービームキャノン(バックパック)×1
・アブゾーブシールド×1
・手首(拳)×2 手首(開き)×2
・付属スタンド×1

武装面で結構リッチな内容になってるスタービルドストライクガンダム。

ギミックというギミックはないのですが気になったのはバックパックの部分。

このようにアサキン特有の穴が空いていて、拡張?出来るようになってるんですよね…

恐らく今後の展開としてEX弾、もしくはPB限定で何かしらの拡張させようとしていた?と思うんですが(あくまで推測)次の弾でシリーズとしては収束して、EXやPB限定ではクイン・マンサのメタリックverやFAZZでアサルトキングダムは終了しました。
※メタリックverとか誰が買うんだ

それとも、横展開としてHGとかBB戦士等と何かしらの連携させようとしてたんですかね?

今となってはわかりませんが、うだうだ言ってもアレなのでさっさとブンドド行きます!

スタービルドストライクガンダム:ブンドド

No.30 ビルドバーニングガンダム武装/内容

・ビルドバーニングガンダム本体×1
・手首(拳)×2 手首(開き)×2
・付属スタンド×1

なんともシンプルであり潔い武装っていうか…付けなさ過ぎでしょ(笑)

ぶっちゃけ挑戦的過ぎてびっくりなんですが、『稼働は半端ないのでそれでいいでしょ?』は虫が良すぎる気がしますが…うーん。

ある意味でアサキンの売上としてこれでとどめを刺したんじゃないか?って言うくらいあえて言いますが『アホな内容』なので本当に驚いてます。これを手にとった当時のアサキン集めてた人達は果たして満足だったんだろうか…

あと、スタービルドストライクガンダムと同じくビルドバーニングガンダムにも同じく…

穴が空いていて、これも拡張できるようになってるんですよね。

正直な所、拡張のためかどうかはわかりませんが…それだったらそんなものは取っ払って炎のエフェクトとかを入れれば良かったのになーって思いましたね…(-_-;)
※アサキンチームはどこでどう道を間違えたのか。

では、さっさとブンドド行きます!

ビルドバーニングガンダム:ブンドド

No.31 リックドム武装/内容

・リックドム本体×1
・ジャイアント・バズ×1
・ヒート・サーベル×1
・手首(拳)×2 手首(開き)×2
・付属スタンド×1

武装は当然のようにジャイアント・バズは付いておりヒート・サーベルもちゃんとあります。

恐らく後2体買ってジェットストリームアタックをしろと言わんばかりの内容かと…

ただ、黒い三連星はリックドムじゃなくてドムなんですよね…陸で戦ってたし。
※って誰かが言ってました!うろ覚え。

ちなみにリックっていうのは宇宙用という意、普通のドムは陸用みたいです。

とにかくファースト世代には嬉しいリック・ドムのラインナップですが、どうやらビルドファイターズトライでドムからビルドバーニングが出てくるからそのためのドムって感じですね(笑)

ビルドファイターズトライを見てない人からしたら『なんでやねん!』っていうラインナップでしょうが、そういう人は一度BFトライ見てみると良いかもしれません、面白いのでオススメです。

では、さっさとブンドド行きます!

リック・ドム:ブンドド

ちゃんと後2体買っておきましたよ(笑)

ジェットストリームアタックは基本ですよね~!

ガイア『オルテガ!マッシュ!奴にジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!』
オルテガ『おう!』
マッシュ『おう!』

No.32 マスターガンダム武装/内容

・マスターガンダム本体×1
・マスタークロス(ビーム・タオル)×1
・手首(拳)×2 手首(開き)×2 手首特殊(開き)×2
・ダークネスフィンガー用手首×2
・付属スタンド×1

マスターガンダムはビルドバーニングと違って色んな手首の種類があるのでブンドドやってて楽しい機体となっていますね。

この違いはなんでしょうね…?

なんとなくマスターガンダムから愛が感じられるんですが、ビルドバーニングからは愛が感じられない…当時アニメしてる時にラインナップとして仕方なく出したのかな?(笑)

とにかく憶測の域を出ないのでブンドドいきます!

マスターガンダム:ブンドド

ifの展開
『行くぞドモン!』
『はい、師匠!』

あとがき

はい、アサルトキングダム第8弾No.29~32でした!!

いかがでしたでしょうか?

なんとなくシリーズ終盤につれてテンションが下がってきてるようなラインナップなんですよね…このあたりで担当者変わったのかな??

とりあえずこの弾からおまけである『全て集めると良いことあるよ』がなくなったのが残念ですね…
ああいう全部合わせたら一つの作品ができあがるっていうの好きだったのになぁ。(ノД`)シクシク

…というわけで以上です!

次回はアサルトキングダム第9弾をレビューします!

夏休み特別企画の特設ページもあるので、そちらも合わせて見て頂けると幸いです。

【ガンダム食玩】アサルトキングダムコレクション一挙公開!

※未完成ですが随時更新していきます。

次回もお楽しみに!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんで、宜しければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)します。

『あんたの食玩記事、見てあげてもいいわよ』という方はフォローください!

↓↓↓↓↓



[stand.fm]
standFMもやっています。

食玩の話だけではなく、ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと等など様々な事を語っています。

宜しければ是非!

↓↓↓↓↓


ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメント

タイトルとURLをコピーしました