【ガンダム食玩】アサルトキングダムEX【No.05フルアーマーユニコーンガンダム】を開封した感想・レビュー

スポンサーリンク
ガンダムシリーズ
この記事は約8分で読めます。

【ガンダム食玩】アサルトキングダムEX【No.05フルアーマーユニコーンガンダム】を開封した感想・レビュー


ドーモ!バナージの『それでも!!』って言う言葉が大好きなぬま畑です!


※このシーンというかUCのEP07はガンダムシリーズの中でも屈指ですよね。

はい、始まりましたアサルトキングダムのお話です。

今回は可能性の獣、覚醒EX05 フルアーマーユニコーンガンダムです!!

スポンサーリンク

箱(パッケージ)

パッケージからは溢れるこの重量感…そして、やはりEX枠だけに神々しささえ感じます!

このフルアーマーって言う名称は『アーマー…?』って言うにはアーマーが全然ついてないのに『フルアーマー?』というアーマーに対しての疑問が当初あったのですが、そこはさすがwiki先生、アーマーについての説明がちゃんとありました、アーマー。
※アーマー言い過ぎてアーマーが語尾につく病気

以下抜粋

なお、防御面においてはシールドが1枚から3枚に増えた以外に装甲(=アーマー)は追加されていないため、正確には「フルアーマー」と名乗ることが適切なのかといった旨が、原作小説の文章中でも触れられていた。

しかし、タクヤがこの強化プランに「フルアーマー・ユニコーンガンダム」と命名して提出したことから、この名称で呼称されることとなった。

両前腕部と背中にシールドを合計3枚装備することで防御性能も向上しているが、本仕様の主眼はあくまで火力の増強にあるため、機体名称の「フルアーマー」は「armament=武装」の意だったと言える。

機体解説

というわけでいつものように機体解説はwikiから抜粋。

フルアーマー・ユニコーンガンダム

小説版およびアニメ版の最終決戦仕様。
着想のもととなったのは『機動戦士ガンダム』のア・バオア・クー戦における、RX-78-2 ガンダムの両手にハイパー・バズーカ2挺、背部にシールドとビーム・ライフルを装備した最終決戦装備。

「袖付き」の艦隊勢力との最終決戦を控え、彼我の戦力差を埋めるべくバナージの友人タクヤ・イレイが考案したフルアーマー・プランを反映させた最終決戦仕様。
アニメ版ではタクヤが考案した強化プランを基にアナハイム・エレクトロニクス社のアーロン・テルジェフが調整して完成させた。

PlayStation 3専用ゲームソフト『機動戦士ガンダムUC』では、タクヤが夢で見た強化プランを後に実案にしたとされる。

シールド3枚、ビーム・ガトリングガン6挺、ハイパー・バズーカ2挺、ジェスタ用グレネード・ランチャー、スタークジェガン用3連装対艦ミサイル・ランチャー、ジェガン用3連装ハンド・グレネード・ユニット4セット、脚部3連装ハンド・グレネード・ユニット左右各2セットと、機種を問わずネェル・アーガマに保管されていた武装を可能な限り搭載した結果、合計17門にもおよぶ火砲を備え、MS単機として最大級の大火力を手に入れた。
背面には、流用追加武装によって増加した機体重量を取り回すため、宇宙用サブフライトシステムである94式ベースジャバーのスラスター部を転用し追加マウント・フレームで接続した、プロペラントタンクを兼ねた大型ブースターユニットを備えている。
使用済みの武装はデッドウェイト化を避けるため、随時切り離せる。

一見、寄せ集めで何ら計算されていないような強化形態に見えるが、タクヤは上手く帳尻を合わせて機体のアンバランス化を防いでいる上、これらの装備はデストロイモードへの変身も一切妨げないように考慮して取り付けられている。
背中の装備類も含めた全火器をリモートで使用可能となっており、パイロットの思考をダイレクトに機体へ投影させるユニコーンのインテンション・オートマチック・システムと連動することで、パイロットによる目標の探知と呼応し、ある程度は自動で照準を行ってくれる上、複数の対象に対して複数の武装で同時攻撃する戦法も可能であり、本機の仕様が継戦能力の向上のみならず「瞬間的な最大火力の行使」という本来の攻撃特性をも強化させている。
単純に大量の武装を装備させるだけならば通常のMSでも可能だが、通常のMSが搭載するメインコンピューターの情報処理能力では、これだけの武装を個別かつ最適にコントロールして運用することは不可能であり、量子コンピューターと同等とされるフル・サイコフレーム機の演算能力によって実現した運用方法と言え、演算処理能力とインテンション・オートマチック・システムによる自動照準が合わさることで、その大火力の真価を発揮せしめた。

ゲームやプラモデル等では、サイコフレームが緑色に発光した、いわゆる覚醒状態で描かれる場合が多い。
しかし、『ガンダムUC』の小説・OVA共に全武装を装備した姿では、ユニコーンモードもしくはデストロイモードの赤く発光した状態で戦闘しており、覚醒状態になる頃にはほとんどの武器を使い切って手放した後であった。
それゆえ、全武装を装備した姿で覚醒状態になる場面は、本編中には存在しない。
だが、OVAシリーズをテレビフォーマットに再編集したテレビシリーズ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』のオープニングテーマ「Into the Sky」での映像では、サイコフレームが緑色に発光した状態で、上記の武装およびハイパー・ビーム・ジャベリンを装備して戦闘する姿が描かれた。

フルアーマーユニコーンガンダムwiki

上記でフルアーマーユニコーンガンダムの機体説明は網羅していると思いますが、もっと詳しく知りたい方は上記リンクをどうぞ。

武装/内容

・ユニコーンガンダム(覚醒ver)本体×1
・ビーム・マグナム×1
・ハイパー・ビーム・ジャベリン×1
・ビーム・トンファー×2
・ハイパー・バズーカ×2
・ビーム・ガトリングガン×3
・シールドファンネル×3
・シールド×1
・プロペラントタンク×2
・グレネードユニット×4
・3連ミサイルランチャー×2
・手首(拳)×2 手首(開き)×2 手刀×2
・ベースジャバー型付属スタンド×1
・ベースジャバー型付属スタンド用補助パーツ×4
・ジョイントパーツA(フルアーマー用)
・ビーム・マグナム(リボルビング・ランチャー付き)×1
・アームドアーマーDE×2
・アームドアーマーVN×1
・アームドアーマーBS×1
・アームドアーマーXC×1
・ジョイントパーツB(フェネクス&プランB用)

まぁ豪華だこと(笑)

劇中のフルアーマー化は勿論のこと、あらゆる場面のポージングが可能で、更にプランBやバンシィまたはバンシィ・ノルン化にすることが出来たり、かなりボリューミーな内容になってますね!

余談ですが…
少し残念なのが、これが発売された当初はまだペルフェクティビリティペルフェクティビリティ・ディバインがなかったのでその2つにすることは出来ないですね…
改造したらいけそうですけどなかなか…┐(´д`)┌

とにかくフルアーマーユニコーンのブンドド行きます!

…とその前に、UCモード時のフルアーマーユニコーンをちょっとやってみたので興味ある方はそちらも併せて読んで頂けると幸いでございます。

↓↓↓↓↓

ブンドド

では、さっさとブンドド行きます!

第1弾のユニコーン(UCモード)と比べてみました。

恐らく歴代最強の武器といっても過言ではないシールドファンネルの防御モード。

そしてフルコーン

プラン:B

プラン:バンシィ

バンシィ・ノルン

ちゃんとビームトンファーも付いてます。

おまけ

ネオ・ジオング(があれば)との戦いも再現可能!


ネオ・ジオングはレビューもしてるので合わせてお読みいただくと幸いですm(_ _)m

↓↓↓↓↓

【ガンダム食玩】アサルトキングダム【 NZ-999ネオ・ジオング】開封した感想・レビュー※【PB限定】

おまけ2

今回のアサルトキングダムオリジナルがありまして、核武装を下記のベースジャバーにつければ武装全部のせのベースジャバー(武装輸送?)の完成。

余剰はユニコーンに。

最後は第6弾のバンシィと

あとがき

アサルトキングダムEX05 フルアーマーユニコーンガンダムでした!!

はい、いかがでしたでしょうか?

EXというかこのユニコーンは関節部分がしっかりしていて、ポージングが付けやすく他のアサキンの各機体と比べても1番じゃないかっていうくらい作りがしっかりしています。
※小泉さんみたいになった!(このユニコーンはしっかりしている、つまりしっかりしているんです。)

これだけでもかなり遊べるんですが、ネオ・ジオングと飾るのもよし、バンシィ・ノルンとの決戦として飾るのもよし、先日のクシャトリヤ・リペアードと一緒に飾るのもよし、UC系はバリエーションが豊富にあるので気になった方は購入してみるのも良いですね。

ちょっと余談ですが、どうやらフルコーンって、RX78-2ガンダムの最終決戦仕様を元にフルアーマープランが構築されたみたいです。

着想のもととなったのは『機動戦士ガンダム』のア・バオア・クー戦における、RX-78-2 ガンダムの両手にハイパー・バズーカ2挺、背部にシールドとビーム・ライフルを装備した最終決戦装備

全文は → フルアーマーユニコーンガンダムwiki

だからどうだっていう話なんですけど、それにしてはフルコーンって盛り過ぎてるなと(笑)

その盛り方が好きですけどね(笑)

はい、というわけで以上です!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんで、宜しければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)します。

『あんたの食玩記事、見てあげてもいいわよ』という方はフォローください!

↓↓↓↓↓



[stand.fm]
standFMもやっています。

食玩の話だけではなく、ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと等など様々な事を語っています。

宜しければ是非!

↓↓↓↓↓


ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメント

タイトルとURLをコピーしました