BB戦士No39闇将軍+闇のかけら=復活!闇将軍と闇の鎧ver鉄斗羅を作成した感想・レビュー

スポンサーリンク
ガンダムシリーズ
この記事は約4分で読めます。

BB戦士No39闇将軍+闇のかけら=復活、闇将軍と闇の鎧ver鉄斗羅を作成した感想・レビュー


ドーモ!BB戦士集める屋さんぬま畑です!

ということで今日は待ちに待ったというか、管理人の念願叶ったのでBB戦士No.39【復活、闇将軍】をご紹介!

…ようやく揃えた『闇のかけら』達。
※その記事は下記名前をタップすると該当の記事へジャンプします。

今まで苦労して集めた『闇のかけら』を闇将軍にくっつけるのが今回のミッションなのですが、それだけではありません。

「闇と光の狭間で生きる宿命が、かつての殺駆頭のようだ」”というだけ”でBB戦士No137の鉄斗羅頑駄無(鉄斗羅)が闇のかけらを纏えるという『謎』のギミックがあり、じゃあ闇のかけらを実際に纏ったらどうなるのか?というのも合わせて見ていこうと思います!

まずはこちら!

スポンサーリンク

闇のかけらについて

若殺駆頭<ワカザクト>No65(角)

武者漣飛威<ムシャサザビー>No57(肩アーマー)

武者璽悪<ムシャジオ>No60(前アーマー)

武者忍剣舞風荒<ムシャニンケンプファー>No40(両腕手甲)

 ※若殺駆頭に付属しておりNo40ケンプファーに装備品をつけることで武者忍剣舞風荒を再現可能、ただ:闇のかけらだけ集めるのであれば必要なし。後日若殺駆頭の方に追記しようと思います。

武者砕虎魔亜屈<ムシャサイコマークツー>No64(足、後ろアーマー)

上記が闇のかけらを纏った者たち、武者忍剣舞風荒以外はレビューしましたので宜しければ名前タップで記事にジャンプします、彼らもお読み頂ければ幸いでございますm(_ _)m

殺駆頭&闇将軍

闇将軍はサラッとご紹介!

殺駆頭

軽装タイプ?

殺駆頭武装ver

闇の鎧(付属)

闇将軍

余談ですが、暗黒砲ってまんまスパロボに出てくるヒュッケバインやエクスバイン、そしてエグゼクスバイン等の『ブラックホールキャノン』なんですよね…それらは闇将軍の武器である暗黒砲からのインスパイアかオマージュ…なんでしょうかね?…考えすぎか(笑)

闇のかけら着脱

武者ジオ

武者サザビー

武者サイコマークツー

武者忍ケンプファー

若ザクト

闇の鎧(闇のかけら)

余談ですが、これ集めるのにかなり苦労しました…(-_-;)

恐らく定価で買ってたら3000円も掛からないくらいで揃えられるのですが、今やほとんど売っておらず…あ、いえ、最近ではガンダムベースやプレバンで再販されるようになったので買いやすくはなってるんですよね。

欲しい方はAmazonや楽天、そしてヤフオク・メルカリ見る前にガンダムベースorプレバンで確認するといいですよ!

THE GUNDAM BASE – ガンダムベース公式サイト

プレミアムバンダイ

復活、闇将軍

闇将軍(または殺駆頭)ですが、付けると見ての通り”大きめの服を子供に着せたような”状態となって格好いいのは格好いいんですが無理矢理感が凄いんですよね…

それもそのはず、この闇将軍(殺駆頭)は一世代前のキットなので若殺駆頭でさえ小ぶりなのにそれ以上にSDが強調されているので無理矢理感は否めないんですよね。

…ってそれが悪いわけではないので、まぁこれはこれでありなのかなと。

腕パーツが取れやすいのが玉に瑕。

闇落ち鉄斗羅

こっちはこっちで付けてみると隙間が目立つようになってしまうのである意味で闇のかけらをまとう闇将軍の方が、闇というのに焦点を置くとが際立っているのかもしれません…

いや、まぁとはいえ集められた感動とかっこよさには変わりはないので万々歳なキットです!
闇落ち鉄斗羅(勝手に命名)でした。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

恐らく野暮な説明よりもその写真を見て欲しかったので敢えて説明を省きました…

最後は説明もなくただただカッコいいので何も言わず淡々と『やべーやべーかっけーかっけーと』ずっと言いながら写真を撮ってました(笑)

時間あるときに補足等を足していくかもしれませんが、一旦は闇のかけらシリーズは終了です。

中二心をくすぐる良いキットなので興味ある方はぜひ集めてみては?

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)しますので記事やレビューが見たいという方はフォローください!

↓↓↓↓↓



[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓


ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメント

タイトルとURLをコピーしました