【仮面ライダー食玩】装動 RIDE11:仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)開封レビュー【☆4.5】

【仮面ライダー食玩】装動 RIDE11:仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)開封レビュー【☆4.5】

ドーモ!ぬま畑です!

今日は【仮面ライダー食玩】『装動』RIDE7:仮面ライダージオウⅡを開封した感想・レビューをしていきま・・・

・・・の予定だったのですが、その前に急遽、とあるコンプリートセットが手に入ったのと、ジオウⅡをレビューする前にやっぱ必要でしょう!ということで先にこちらを紹介!

ってわけで改めまして、【仮面ライダー食玩】『装動』RIDE11:仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)を開封レビューをしていきます!

さて。
今回、『ジオウ(ミラーワールドバージョン)、ジオウ(ミラーワールドバージョン)』と一々書くのもアレなのでミラーワールドバージョンが『裏ソウゴ』と呼ばれてる(TV字幕で)とのことなので『裏ジオウ』と言う名前を便宜上使用します。(ご了承ください)

装動についてはこちら!

装動について続きを読む
ちなみに『装動』とは…

仮面ライダーシリーズ食玩【装動】

食玩アクションフィギュア最新シリーズ「装動 仮面ライダージオウ」始動。

「アクションボディ」に「クロスアーマー」をセットすることで全高約11㎝の可動フィギュアが完成する!!

「装動 仮面ライダーエグゼイド」、「創動 仮面ライダービルド」シリーズを超える、新たな「装動」シリーズを見逃すな!!

詳しくはこちら → 装動 仮面ライダージオウ公式サイト
※予告なくサイトは削除される可能性があります。

装動とは仮面ライダーシリーズの食玩で、”装”着する『アーマー』と”動”かせる『アクションボディ』を組み合わせて完成するアクションフィギュア、2つ合わせて『装動』ですね。

さて。
まずは裏ジオウの解説をwikiから抜粋。

裏ジオウの解説

EP21・22に登場。
裏ソウゴがジクウドライバー(ミラーワールドバージョン)とジオウライドウォッチ(ミラーワールドバージョン)で変身する鏡の中の異世界のジオウ。
ジオウと瓜二つの姿をしているが、顔の文字やドライバーが反転している。

上記が裏ジオウの概要ですが、もっと詳しく知りたい方は下記リンクを参照。

仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)wiki

裏ジオウのセリフ

『俺はお前だ。鏡の中のな・・・』

『俺はお前だ。だが、お前は俺ではない・・・』

凄く印象的なセリフでしたね。実際は裏ジオウに変身して言ったセリフではいないのですが、装動は中の人を立体化されてないので裏ジオウで対応しました^^;

総合評価

まずは総合評価から、★5点満点中…

4.5点!!!

普通のジオウよりも豪華な付属品が付いてるのが良いですね。

それ以外は基本ジオウと一緒なので、宜しければジオウの記事を読んで頂ければ幸いです。

【仮面ライダー食玩】『装動』RIDE1:仮面ライダージオウ開封した感想・レビュー【☆4.5】

まぁ強いて言うならwikiに書いてあったんですけど、本編ではジオウのスーツが1着しか無いのでCG(映像技術?)でジオウを反転させて裏ジオウとして登場させたとのこと。

ってことは、本編等でもある意味存在しないライダーにも関わらず、装動で立体化したのは凄いのかなと思いましたね。

そういう意味合いでもかなりポイントは高いですよ!

裏ジオウの箱(パッケージ)

内容/武装

総合評価でも少し触れましたが、付属するパーツが通常のジオウに比べ結構豪華で、ジカンギレード2種(ケンモード・ジュウモード)が付いてきたり、ウォズのボーナスパーツとしてウォズのパッドが付いていたりとかなり嬉しいラインナップですね。

ジュウとケンも反転、通常のジオウのものと比べると

まさに裏面って感じで良いですね。

装動なのでちゃんと台座もあります。

面白いのが『台座の文字ってどうなんだろうなー』って思ったらZI-Oが反転してるものでした(笑)

ちなみに通常のジオウと並べるとこう。

裏ジオウの作成所要時間

作成に関してはジオウの時と同じく・・・と言いたいところですが、ジオウを作成(主にシール貼り)したノウハウ(?笑)が既にあるので、作成として10分かからずに作成できました。

ジオウを作成済みの方であれば難なく作成可能かと思います。

少し余談ですが、ジオウを持ってなくて裏ジオウだけ買うってのは考えにくいので、ここに来られた方は既に持ってる方だと思いますが・・・どうでしょう?

ブンドド

では恒例のブンドドいきます。

おまけ:裏ジオウとジオウの見比べ

ちょっとしたおまけですが、今回の裏ジオウと通常のジオウを見比べてみます。

・・・あ、間違えた。

何が間違ってるかわかった人は流石です(笑)

裏ジオウ:俺はお前だ、だがお前は・・・誰だ??Σ(゚Д゚)

ちゃんと台座も確認して欲しいところですが・・・『通りすがりのあの人』にしてしまいました、すみません笑

気を取り直して。

右がジオウ、左が裏ジオウです。

ちょっと写真だとわかりにくいんですが、ピンク色の部分がジオウと比べて濃いんですよね。

それは意図的なのか、それともロット単位で違うのかわかりませんが、裏ジオウはピンクと言うよりマゼンタより、要するにディケイドよりの色かなと思いましたが実際映像で見て確認したんですけど一緒なので製作者側のこだわりとか、同じジオウじゃなく少し濃くしましょうみたいなのがあったのかも??

それともロットの問題かな・・・

あとがき

改めて、仮面ライダージオウ ミラーワールドバージョンのレビューでした!

ぶっちゃけジオウと一緒であり、悪く言うと反転しているだけなので代わり映えしないレビューとなってしまいましたがご了承を・・・

ただ、ウォズを拡張させたい場合もそうなのですが、このブログ的な話になるので恐縮ですが、ジオウⅡを語る上で、この裏ジオウをレビューするのは必須なのかなと思って急遽レビューしてみました。

・・・とまぁうだうだ言ってますが、ある意味でこの世に存在しないライダーなのに立体化されたのは嬉しいのでジオウ好きであれば是非とも手に取って貰いたい商品の一つですね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)しますので食玩記事レビューが見たいという方はフォローください!

↓↓↓↓↓


[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓


ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメントを残す