美味しい炒飯の作り方:シンプルな材料で天下一品のチャーハンを目指す!【それなりの炒飯】

美味しい炒飯の作り方:シンプルな材料で天下一品のチャーハンを目指す!【それなりの炒飯】

こんにちは!ぬま畑です。

今回は、簡単な材料でプロの味を再現できる絶品チャーハンの作り方をご紹介します。

このレシピを試すだけで、家庭でも天下一品の炒飯(に近いもの)が楽しめますよ!

それでは、さっそく料理のための材料と手順を見ていきましょう。

あっと、先に断っておきます。
語弊があるかもしれないので・・・画像はイメージです。あくまで目指しているだけなのでこういう形になればいいなぁと。(-_-;)

炒飯の材料

さて、改めまして材料ですが、至ってシンプルだと思いますが、羅列すると意外と多いですね笑

  • ご飯(1人前より少し多め:300~400g)※必ず温かいご飯を使用
  • チャーシュー(お好みで:今回は厚さ5~6ミリを3枚)
  • 卵(今回は2個使ってます、1個でも十分美味しい)
  • ネギ(多めがいいですよ、アクセントがあって美味しい)
  • 創味シャンタン(天下一品のチャーハンを調べたら一番近いのがこれ、あってるのかどうか不明)
  • 塩コショウ(お好みで少々)
  • 味の素(4振り、気持ち多めに)
  • ラード(少し多めに、チューブでだいたい5gくらい)
  • ごま油(ラードよりも少なめ、大さじ1くらい)
  • 細切り紅しょうが(これはお好み、付け合せ)

※これ動画をYouTubeで上げてたんですが、諸事情で消しました・・・というより消えてしまい、時間あったら再度作ってみた動画をどこかのタイミングで上記材料の元に作成します・・・機会があればですが・・・

あとがき:それなりの炒飯って言っている理由

で、この「それなりの炒飯」って言ってるのは理由がありまして・・・

と言っても大した理由ではないのですが、先日天下一品に行きまして、いつも頼んでるチャーハンセットを食べてる時に・・・

天下一品のチャーハンの再現をしたい!!】と思ったのがきっかけなんです。

ですが・・・どうやら根本的に作り方は勿論のこと、材料までがまるで違ってるみたい(まぁ当たり前ですが)で、調べた限りでは炊飯器というかお米を炊くところから既に違ってるとのこと。

一旦普通に作ってみようということで、言うなれば天下一品の炒飯のプロトタイプということです。

ぶっちゃけ美味しいチャーハンは色んなyoutuberさん達が動画で説明して作ってますし、パラっと美味しく出来る炒飯の作り方は他のYouTuberさんたちにお任せして、こっちは『それなり、あくまでそれなりに出来るチャーハンを作ろう』と出した記事でございます。

今後は天下一品の炒飯にどれだけ近づけるか色々試してみてどれだけ再現できるかを追求していきたいと思います。

天下一品の炒飯の再現するために今後結構長くなりますし、不定期でやっていくので長い目で見ていただけると幸いでございますm(_ _)m

※本当にやるのか??笑

余談:店舗によって炒飯の味がぜんぜん違う!?

最近知ったことなのですが、このレシピを試しても天下一品の炒飯の味にならないというクレームが妹から来まして笑

それもそのはず、店舗によって炒飯の味がちがうんですよね・・・大阪のなんば駅近くの天一の炒飯が油ギトギトのベチャベチャで、素人が・・・いやバイトが作ってるのでは?とびっくりするくらいまずいんです。

さらに、滋賀県の彦根にある天一も炒飯が炒飯じゃなく、ソース飯になってて・・・そもそも炒飯じゃなく、これもびっくりするくらいまずいんですよね。

滋賀県の栗東にある天下一品の炒飯はいつ食べてもパラパラで、味の均等さも濃さの加減も良い塩梅で、凄く美味しいんですよね・・・店舗によってこんなに味のバリエーションが変わるのは、いやはやびっくりですよ。

もし機会があるならこちらの炒飯を食べてもらいたいですね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ

[Twitter]

↓↓↓↓↓

Follow @SNAKE4610


[stand.fm]
standFMもやっています!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓

ぬまたのラジオチャンネル(仮称)

コメントを残す