【陰謀論】世界地図が過去と今で全然違う!!というお話【結論:マンデラエフェクト?】

【陰謀論】世界地図が過去と今で全然違う!!というお話【結論:マンデラエフェクト?】

ドーモ!奇跡を待つより、 捨て身の努力よ!と唸っているぬま畑です!
※本日の記事としてあまり意味はありません。

ということで、今日は超絶雑談回です。

会社の社長と雑談していて、話の流れから地図の話になりまして・・・それがちょっと面白かったので皆さんに共有しようと思います。

結論は表題の通りです、世界地図って昔と今で違うのでは?ということ。

ちなみに今現在の地図はこちら

そして、社長が『GoogleMapで見た世界地図と俺らの世代が知ってる世界地図って・・・違くね?』って言い出したんです。

『え?いやいやそんなことn・・・(おもむろにgoogleMapを開けスクロールで拡大していく)・・・ほんまやッ!!違う!!?』となりまして、社長と僕が知ってる世界地図と今の地図(GoogleMap)が違ったんです!!
※なお、どうでもいい情報ですが、会社の社長と僕はほぼ同世代です笑

具体的に何が違うかというと・・・

  • オーストラリアの位置がもっと右だった気がする。
  • =日本の真下には何もなかった。
  • オーストラリアはもっとバカでかかった。

という認識でした。

というわけでイラストで表現すると、二人の認識としてのひと昔前はこんな感じ。
※上記の地図を少し修正してみました↓

そこで、社長と『これはなにかあるぞ?』ということになり、色々あーだこーだ考えたのがこれらです。

  • 地球は丸いのでそれを無理くり平面にしてみたらこうなった説
  • 今ネットで手っ取り早く見れる地図は本来の地図じゃなく、どこかの組織が意図的に隠したい何かがあるorあった説
  • 政府の陰謀説
  • そもそもこんな形じゃない説

などなど、話がヒートアップして下記のようなぶっ飛んだのが出たのでそれもご紹介

  • 世界を支配しているのは、実は地図を出してる会社or組織説

・・・とまぁ上のはヒートアップしすぎて分けがわからない話になったので置いときまして・・・^^;

上の4つはいろいろ考えてそれに至った結論ですね。

そして、この話をさっき嫁さんに話してみたら

『え?元からそうやったやん。』・・・と Σ(゚Д゚)

これには驚きました。

実は嫁さんとは7つ離れており(嫁さんが年下です)、ちょっとしたジェネレーションギャップがあったりするんですけど、嫁さんが世界地図を知った時、既に修正済み?となっていたってことはですよ?

7年のどこかのタイミングでそうなったんでしょうかね?(陰謀論に飲み込まれてるw)

とにかく、管理人が小学生の時の『社会』学科もしくは、下手し中学の『地理』でもオーストラリアがもっと真ん中でもっと大きかったはずなんですが・・・

で、これを調べると一つの答えと言いますか、そういう現象だったのかも?ということがわかりました。

それが・・・

マンデラエフェクト(効果)
※タップorクリックでwikiにジャンプ

マンデラ効果(マンデラこうか、英: Mandela Effect)とは、事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有している現象を指すインターネットスラング、およびその原因を超常現象や陰謀論として解釈する都市伝説の総称である。
当時存命中だった南アフリカの指導者ネルソン・マンデラについて、1980年代に獄中死していたという記憶を持つ人が大勢現れたことに由来し、それ以外の事例に対しても広く用いられている。

その用語と概念は学術的に扱われるものではなく、一般にはインターネットによって流行的に広まったミームの一種とみなされている。

※引用元:マンデラ効果

とのことかもしれないです。

ぶっちゃけこれでもないような気がするんですが、現に自分と社長は地図の認識として2個目の認識でしたから・・・とりあえずは真相は闇の中なんですよね・・・

うーん、真相にたどり着けず本当に申し訳ないです・・・m(_ _)m

あとがき

いかがでしたでしょうか?

みなさんもこういうマンデラエフェクトじゃないですけど、『今と昔で違う!でも調べたらそんな事実はなかった・・・』って事あったら友だちや親、兄弟と話してみてください。ズレみたいなのがあって面白く、色んな発見があるかもしれませんよ~?Σ(゚Д゚)

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ

created by Rinker
SONORITE(ソノリテ)
¥2,380 (2024/04/20 10:52:45時点 Amazon調べ-詳細)

[Twitter]

↓↓↓↓↓

Follow @SNAKE4610


[stand.fm]
standFMもやっています!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓

ぬまたのラジオチャンネル(仮称)